images
一度も見たことのないジブリ映画ランキングwwwwwwwwww 
<概要>
長編アニメーション映画の制作を主力事業としているが、1990年代中期以降、短編作品の制作および実写作品の企画を手がけている。また、日本国外のアニメーションの公開やDVD発売、『熱風』という小冊子の発行を行う出版事業、加えて音楽事業も行っている。
1985年6月15日、『風の谷のナウシカ』を制作したトップクラフトを発展的に解散・改組する形で徳間書店の出資によって設立。このためスタジオジブリ関連書籍の大半が徳間書店から刊行されている。徳間書店社長の徳間康快が初代代表取締役社長に就任したが、実質的な経営財務責任者は旧トップクラフトを設立した常務の原徹であった。当初は作品ごとにスタッフを集め、完成と共に解散する方式を採っており、他社同様アニメーターは業務委託契約による歩合制だった。後に人材育成のためにアニメーターを正社員化・固定給制にするなど、高品質で安定した作品作りの拠点とした。
1996年にウォルト・ディズニー・カンパニー(WDC)並びに日本法人のウォルト・ディズニー・ジャパン(WDCJ)の間で国内でのビデオソフト(「#ジブリがいっぱいCOLLECTION」)発売および海外でのジブリ作品配給に関わる事業提携を締結したことに伴い、「もののけ姫」よりWDC(「ディズニー」表記)が長編アニメーション作品に出資・参画するようになった。また、海外では基本的に(作品毎に地域が異なる)ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズかWDC子会社のミラマックスが配給し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメントがビデオ発売を担当する。2008年にはWDCJ社長の星野康二が創業メンバーの鈴木敏夫の指名により社長に就任している。
劇場作品専門スタジオのイメージが強いが、他社テレビ作品の動画グロスも請け負っている。
 
ソース:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%96%E3%83%AA 

「海外の反応」

 
1: ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
絶対に魔女の宅急便のニシンとかぼちゃのパイでしょw


2:
 ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
千と千尋の料理全般に上手そう!!
豚にされるのは困るけど普通に食べてみたいぜw


images
『魔女の宅急便』のあのシーンを再現したなだぎ武さんが面白すぎる



3:
 ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
千と千尋ででてく「おむすび」食べたいです!!
日本はお米をよく食べると聞きました。

4:
 ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
ハウルのベーコンエッグかな!!
なによりも・・・・
ハウルと一緒に食べたいw


imgres-2
宮崎駿「息子は天才。ジブリはアイツに託す」

5:
 ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
ニシンとカボチャのパイ焼き!!
1票。
焼きめがいいよね。



6: ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
シータの手作り料理食べてみたい!!
絶対上手いと思うw


7:
 ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
シンプルにベーコンエッグ上手そうだった。
カルシファー手伝ってくれるかな!?w


images
【愕然】魔女の宅急便で猫が急に喋らなくなった理由wwwwwwwwwwwwwwww

8:
 ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
サンがアシタカに口渡ししてた食べ物食べてみたい!
あれは何??興味あり!!

9:
 ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
ホテル・アドリアーノのコース料理でしょ!?w