imgres
【画像あり】魔女の宅急便、視聴率18.8%wwwwwwwwww
『魔女の宅急便』
スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション作品である。アニメーション映画として1989年(平成元年)7月29日から東映系で公開された。原作は角野栄子の児童書『魔女の宅急便』(第1巻)。
監督は宮崎駿。宮崎が監督を務めたスタジオジブリの長編映画としては初の、他者の原作による作品であり、宮崎が『ハウルの動く城』の監督に就くまで15年間にわたって唯一の作品であった。主題歌には荒井由実の楽曲が採用された。公開時のキャッチコピーは、「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」(糸井重里)。 それまでジブリを支えてきた徳間書店に加え、ヤマト運輸、日本テレビがスポンサーに付き、テレビCMなど広告宣伝面にも力が入れられた結果、配給収入21.5億円と前作『となりのトトロ』の3倍以上を記録した。1978年(昭和53年)公開の『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』の記録を抜いて日本のアニメーション映画の興行記録を更新した。
スタジオジブリの発足前から徳間書店の作品の配給を担当した東映は東宝に配給させた前作の『火垂るの墓』と『となりのトトロ』の興行的失敗を理由に本作を持ってジブリ作品の配給の打ち切りを決定し、本作は東映が配給した最後のジブリ作品になった。

ソース:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AE%85%E6%80%A5%E4%BE%BF_(%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%
B8%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%96%E3%83%AA%E4%BD%9C%E5%93%81)
 

「海外の反応」


 
1: ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
おソノさん好き!!

images
『魔女の宅急便』のあのシーンを再現したなだぎ武さんが面白すぎる


2:
 ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
私もおソノさん大好きです!!私もあそこで働きたいb

3:
 ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
毎朝パンのいい匂いするだろうなw

4:
 ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
めっちゃ親切!!
人に優しくすることは大切だなb

images-2
魔女の宅急便のキキちゃんが挑発的wwwwwwww
5: ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
確かに魔女と一緒に働いてみたいw
楽しそう!


6: ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
二人とも素敵です!
私も住み込みで働かせてw


7:
 ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
フクオ本間無口w

images-3
『魔女の宅急便』のキキってなんであんなダサいパンツ履いているんや?

8:
 ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
この家庭に生まれてくる子供は幸せものだ!
笑顔の絶えないだろうなw


9:
 
ジブリ速報が翻訳しました(´・ω・`)
もうすぐ子供が生まれてきます!!
私もおソノさんみたいなお母さんになりたいです。
頑張ります。