『火垂るの墓』(ほたるのはか)は、野坂昭如の短編小説。野坂自身の戦争原体験を題材した作品である。
兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火の下、親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わずに栄養失調で悲劇的な死を迎えていく姿を描いた物語。
愛情と無情が交錯する中、蛍のように儚く消えた二つの命の悲しみと鎮魂を、独特の文体と世界観で表現している。

『火垂るの墓』を原作とした同名タイトルの映画(アニメーション、実写)、漫画、テレビドラマ、合唱組曲などの翻案作品も作られており、特にアニメーション映画は一般的にも人気の高い作品となっている。なお、イギリスでも実写映画化される予定となっており、撮影は2014年から行われる。

>>【衝撃】「火垂るの墓」節子の死の原因は栄養失調ではなかった<<

―抜粋


火垂るの墓は


「昭和20年9月21日夜、僕は死んだ」


というフレーズから始まる。


映画自体はとなりのトトロと同時公開されており、見るからに悲しい話だと思う方もおられるようだが、実は裏のエピソードがある。
実はこの作品は元々野坂昭如の短編小説を元にした作品で、その実体験などフィクションをも交えた作品であり、火垂るの墓には高畑監督の思いを綴るされた制作秘話などが幾らかある。

その中でも、作中で赤く映っている清太と節子は幽霊という設定があり、高畑監督はこう述べている。

00000


0000


「清太と節子の幽霊を登場させているんですが、このふたりの幽霊は気の毒なことに、この体験をくり返すしかないわけです。それは、たとえそのふたりの生活が輝いていたとしても、うらやましいことでもなんでもない。
人生のある時期をくり返し味わい返して生きるということは、非常に不幸なことだと思うんです。」

この兄弟は悪夢を見続けている事で綴られていた。

またこのような都市伝説もある。

千と千尋の神隠しで戻りのない電車に乗っている作中で、節子らしい女の子の描写があると有名。

000000000


この電車のシーンは、行きっぱなしで電車で折り返しの便がなく、また人が影で表現されていること、また彼女も兄を待っていて二度と帰れないでいる…などと、悪夢の無限ループが続く事を意味しているとされている。

またこの作品は、宮崎駿氏が監督ではないので、どこか異色な背景を漂わせている…


『ジブリ速報 厳選人気記事』






snapcrab_noname_2014-2-5_23-57-13_no-00
【発見】今録画にあった千と千尋の神隠し見てたんだがヤバイ事発見したwwwwwwお前ら知ってた?